へんしん 変身 | 映画を勝手に辛口レビュー
ads




評価について
評価はその時の気分でばらつきがあるので、数段階?の評価。
あくまで、私の主観ですのでご注意を!
★★★★★ 私が下す最高の評価。
★★★★ お勧めの作品。もしくは、大変万人受けすると思われる作品。
★★★ 損はさせない。結構面白い。もしくは、万人受けすると思われる作品、もしくは優秀なB級作品。
★★ 観れなくはない。まずまず。お暇な人はどうぞ。
★ あんまり観る価値はない。時間が余って余って仕方ない方はどうぞ。我慢の領域もちらほら…
☆ 是非観て欲しくない作品。完全に我慢の作品、もしくは、観ていて気持ち悪くなった。
☆☆ あなたの人生に空白の時間を与えるだろう。私の中で、作品の価値がぶっ飛んでいる。
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
sponsored links
<< エンド・オブ・デイズ End of Days | main | アヒルと鴨のコインロッカー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

へんしん 変身

JUGEMテーマ:映画

成瀬純一は病室で目覚め、それまでの記憶を失っていた。徐々にそれまでの記憶を取り戻しつつあったが、なぜ入院しているかについて思い出せなかった。損傷した自分の脳らしきものがあり、脳移植により命を取り留めたことを知る。
元気だったとき、絵を描いていて画材店の葉村恵と交友があったことを思い出す。そして彼女が見舞いに来たのだった。
病院側は脳移植の観察したかったのだが、経過が良好であったため、これ以上入院を引き伸ばすことができないとと判断し、彼を退院させる。
彼は工場工員の仕事にも復帰、順調のようだったが純一の心だけは違っていた。今まで何気なくしていた仕事に不満を持ち、些細な事に腹を立て、恵に対する気持ちも遠のいていた。そんな折、暴力事件を起こすが、嵯峨道彦という弁護士が身元引き受け人となる。成瀬の担当医である堂元教授から呼ばれたのだが、彼自身大きな恩があり、不動産屋で事件に巻き込まれ、脳の移植手術を受けたということを聞く。
玉木宏 蒼井優 出演

ブログを移転しました↓
辛口バナー
http://makekarakuchi.blog129.fc2.com/
脳移植をした後、凶暴化するということでしたが、その移植された京極がそういう性格だったかというと、そうではなかったような。
演技もそこそこいいとは思うのですが、なぜかダラダラ感が続き、観ていて全く面白くない。緩急がとても甘いのだと思いますが、それ以上は良く分からないです。
登場人物は少なく分かり易かったものの、奥深さがなく、内容が浅かったです。

総合 ★

at 23:34, karakuchi, サスペンス邦画

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 23:34, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://makekarakuchi.jugem.jp/trackback/1122