アンナ まなざしの向こうに Anna Wunder | 映画を勝手に辛口レビュー
ads




評価について
評価はその時の気分でばらつきがあるので、数段階?の評価。
あくまで、私の主観ですのでご注意を!
★★★★★ 私が下す最高の評価。
★★★★ お勧めの作品。もしくは、大変万人受けすると思われる作品。
★★★ 損はさせない。結構面白い。もしくは、万人受けすると思われる作品、もしくは優秀なB級作品。
★★ 観れなくはない。まずまず。お暇な人はどうぞ。
★ あんまり観る価値はない。時間が余って余って仕方ない方はどうぞ。我慢の領域もちらほら…
☆ 是非観て欲しくない作品。完全に我慢の作品、もしくは、観ていて気持ち悪くなった。
☆☆ あなたの人生に空白の時間を与えるだろう。私の中で、作品の価値がぶっ飛んでいる。
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
sponsored links
<< イントゥ・ザ・ブルー 失われた財宝 | main | トゥルーライズ True Lies >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

アンナ まなざしの向こうに Anna Wunder


ガガーリンが宇宙へ行った頃の60年代のドイツのある田舎町に住むソフィーは、娘のアンナと息子のローリーと暮しているものの、定職を持たず、アルコール依存症でアンナが中学に上がるのも困難で、アパートの家賃も3ヶ月滞納していた。ソフィーは父のフィリッツは戦死したとアンナに話していた。ソフィーは定職を求めても希望の報酬が大きすぎ、断られていた。アンナは生きていくのも危ういと思い、父の兄である近所に住む怒りっぽい性格のフランツに助けを求めると、なぜかアンナに求婚をする。その夜、ソフィーはアンナに父は戦争で負傷して名誉除隊し、実は生きていることを伝える。
結局ソフィーらは追い出され地下室のようなアパートに引っ越した直後、ソフィーは精神に異常をきたして病院に連れて行かれてしまう。しばらくして帰ってくるが、程なくしてある手紙を受け取り絶望してアンナが貯めていたお金を持ち出し、酒を浴びるほど飲み死んでしまうのだった。

アリス・ディーケリング レネ・ソーテンダイク 出演
ブログを移転しました↓
辛口バナー
http://makekarakuchi.blog129.fc2.com/
比較的観易い作品ですが、前半ソフィーの堕落ぶりが余りに激しいため、観ていて呆れや絶望しか産み出さない感が。。落ち込んでいるときに観ると、ドツボにはまりそうなので、観るべきではないかと。。一方、アンナは希望を持ち、行動的で感情をあらわにして子供らしくてホッとします。
女性向けに作っているようにも見えませんし、観る人のターゲットや、作った意図、何が伝えたいか良く分かりませんでした。

総合 ★

at 23:24, karakuchi, 感動・ヒューマン

comments(0), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 23:24, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://makekarakuchi.jugem.jp/trackback/1147
リンク集, 2009/08/10 7:51 PM

リンク集