デスノート 前編 | 映画を勝手に辛口レビュー
ads




評価について
評価はその時の気分でばらつきがあるので、数段階?の評価。
あくまで、私の主観ですのでご注意を!
★★★★★ 私が下す最高の評価。
★★★★ お勧めの作品。もしくは、大変万人受けすると思われる作品。
★★★ 損はさせない。結構面白い。もしくは、万人受けすると思われる作品、もしくは優秀なB級作品。
★★ 観れなくはない。まずまず。お暇な人はどうぞ。
★ あんまり観る価値はない。時間が余って余って仕方ない方はどうぞ。我慢の領域もちらほら…
☆ 是非観て欲しくない作品。完全に我慢の作品、もしくは、観ていて気持ち悪くなった。
☆☆ あなたの人生に空白の時間を与えるだろう。私の中で、作品の価値がぶっ飛んでいる。
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
sponsored links
<< アウトブレイク | main | とうきょうこうりゃく 東京攻略 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

デスノート 前編


デスノート…このノート、ルールがひどく具体的であるもの、根本は
「名前を書くと死ぬ」
主人公の夜神月(やがみらいと)は、犯罪者を罰すると銘打ち?名前を書いていくうちに、それは偶然でないことに周りが気付き始める。
と同時に警察・FBIと共に"L"というブレインも動き始める。
彼は逃れるために、デスノートを駆使した頭脳戦を繰り広げるのであった。

藤原竜也 松山ケンイチ出演
月イチゴローさんもなかなか鋭いです、エキストラがまずいのは確かだ。
大したことないシーンだったら、青い役者を使いたい放題。
観ているこっちが恥ずかしくなる。
冒頭の犯罪者が死ぬシーンを数カット観て、真っ先に指先が、この文章を引き出した。

さて、続編を観ずして、このレビューを書くのは初めてですね。
コミックスは知りませんが、ストーリーとして…
デスノートは誰が何のために…?
神or死神が創った悪戯か…メモ帳か?閻魔台帳か?
ドラえもんの落し物か?
手にした者は、extreme justice、と同時に秘密裏に虐殺行為をする権利を手にする。。
これは人間の奥底に潜む欲求なのかもしれない。

考えさせらる一方、レビューに戻るとしよう。

特に印象的なのは、地下鉄の緊張感のあるやりとり。息を飲んだ。
しかしFBIはあの人(一応ハーフという設定だったが)以外、思いっきり外国人。
しかも、みんなMen in Blackみたいな、黒いスーツに目立って、いかにも…という格好の人がバタバタ死んでいき、失笑で締めくくられた…
この辺り、ぼんやりしたシーンでまとめたら良かったと思うけど。
(私の頭の中ではXMEN2のエグゼビアの能力でミュータントや人間をを全滅させようとしたようなシーン)
ここもまたエキストラの失敗シーンだ。

"L"の人格・個性の演出…"ぶっ飛び感"を出したかったの分かるが、ありきたりで"今風"過ぎて引いてしまった。
もっと奇抜なアプローチが欲しいところだ。
また、バスの塗装やTVでアイドルをクローズアップしていたのが…?
続編への布石だったようですね。
藤原竜也は、演技があっさりし過ぎている感があるものの、本人の努力は素晴らしい。
が、アクのある演技には、それ相応の年齢が必要…難しいところだ。
瀬戸朝香は、どういう訳か強くミスキャストを感じさせる。
リュークって布袋っぽい…が、なぜ、CGにしたのか??
コミックス発という側面が強調され、個人的には弱マイナス評価である。
ここは一発、個性派俳優を当ててみてはどうだっただろうか。

最後に、恋人まで犠牲にし、彼は何を手に入れたかったのだろうか?
当初の警察権限の限界からデスノートを利用した主人公は結局、頭脳戦へと突入する。
デスノートへの感受は、我々への命題。
人の命は地球より重いと言いつつ、残虐事件の裁判で笑ってみたりする犯人もいる事実を見ると、デスノートへ名前を書きたくもなるだろう。
後編を観ないと分からないですが、主人公のアドレナリンは倫理観を超越したようだ。
と言いながら、映画を観終わった人々のインタビューが「すご〜い!」「サイコ〜!」だったら、本当にどうしようもない。

緊張感 ★★★★(これはハリウッドにも飛び火しそうだ)
演技力 ★   (脇の役者を厳選すべし。メインは秀逸)
総合  ★★★

at 21:58, karakuchi, シリーズモノ 邦画

comments(0), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 21:58, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://makekarakuchi.jugem.jp/trackback/229
TV派?ビデオ派?劇場派?, 2006/10/28 2:28 AM

10/27(金) 金曜ロードショー (21:00〜 )「邦画」 「 DEATH NOTE デスノート (前編)        ディレクターズカットTV特別篇 」 「日テレ」 サイト内 金曜ロードショー 公式サイト http://ww